高校紹介その1 船橋東高校

 

塾長
学校紹介シリーズを現役中学生のために始めます。

今回は県立船橋東高校です。なんといっても、前期内申点2倍が魅力!?の船橋東高校。実際に通っていた先輩に話を聞いてみましょう。

まずは、船橋東高校に進んだ理由は何ですか?

コーチ M
私が船橋東高校を受験することを決めた理由はやはり内申が2倍になるという点が大きかったです。また、文化祭や学校説明会に行ったときに先輩方の雰囲気が自分に合っているなと思ったことも決め手の1つです。

塾長
入学前と一番の違いっていた点や、驚いたことは何ですか?
コーチ M
船橋東高校は真面目で静かな生徒が多いと聞いていたけど、思っていた以上に明るくて、元気な生徒も多かったことが1番違っていたことですね。でも、授業以外でも自主的に勉強する生徒とか生徒同士で教えあうことが日常的にあって、楽しむところと真面目に取り組むところのメリハリがあることに驚きました。

塾長
文化祭はどんな感じ?

コーチ M
とても楽しい!文化祭当日はたくさんの人が来てくれて、とても盛り上がる。夏休みを使って文化祭に向けてクラスみんなで協力して準備をするから、団結力が高まるし、私はその準備がとても楽しかったなぁ~。

3年生では劇をやるけど、私はそれが3年間の文化祭の中で1番楽しかった。あと、前夜祭・後夜祭もあって、それも文化祭に負けないくらい盛り上がりますね。

この写真は3年生の劇の時に作った垂れ幕です。

 

 

 

塾長
楽しそうだね。じゃあ、体育祭はどんな感じ?
コーチ M
正直言って体育祭はあまり盛り上がらないです。でも、クラス全員でやる大縄跳びは、どのクラスも他のクラスに負けないように一丸となって取り組んでいました。そして、体育祭の競技の中で部活動対抗リレーがあって、これは学年・クラス関係なく盛り上がっていました。

塾長
体育祭も十分楽しそう。

大学受験のことについて質問していこうと思います。文理が分かれるのはいつから?

コーチ M
はっきりと分かれたのは3年生のクラス替えのときだけど、2年生で理科の授業が物理と地学に分かれる。でも、後輩の代では2年生のクラス替えで文系と理系に分かれていたから、今は変わっているかも。
塾長
どっちを選んだの?
コーチ M
私は数学が苦手だったから、文系のクラスに進んだ。2年生のときは地学を選びました。

塾長
選択科目は何を選んだ?

コーチ M
日本史と古典と生物の授業を選びました。

塾長
実際に選択科目を受けてみてどうだった?

コーチ M
1日に日本史や古典の授業が2時間あったりして辛いときもあったかな。
塾長
受験に利用した科目は?
コーチ M
英語・国語・日本史です。国語は漢文も使いました。

塾長
じゃあ、ここでまた学校のことに戻って、修学旅行はどこに行った?

コーチ M
関西方面に行きました。他の高校は沖縄や海外に行っているところも多かったから、正直とても羨ましかった。でも、自由行動とかも多くて、とても楽しい3泊4日の修学旅行でした。
塾長
関西もいいところだからね~。

ぶっちゃけ、ここはよくないなって思うことはある?

コーチ M
学年を担当する先生によって受験に対する取り組みが違っていて、学年ごとに学力の差が少しあるような気がしていたから、これはよくないなって思います。あと、最寄りの駅から遠いことと交通費が高いのもマイナスポイントだと思います。
塾長
最寄りの駅はどこ?
コーチ M
東葉高速線の飯山満駅です。
塾長
あ~。あそこは高いよね。

じゃあ、最後に後輩に勧めるとしたらどんなところを勧めますか?

コーチ M
いい友達がたくさんできるということかな。船橋東高校の生徒は人柄がよくて付き合いやすい人が多くて、いじめなども全然ないです。卒業した今でも高校時代の友達や先輩、後輩とご飯を食べに行ったり遊んだり、仲いいです。私が船橋東高校でよかったなと思う理由の1番はこれですね。

塾長
いい友達が出来てよかったね。

ありがとうございました!これでインタビューは終わりになります。