講師・教室紹介

塾長のご紹介

古川 嘉弘(ふるかわ よしひろ)

経歴・プロフィール

・立命館大学 理工学部 卒業

・IT企業に約10年、人材関連企業に10年以上勤務。

ITの知識と、キャリアコンサルタントとしての経験から、早期からのキャリア意識の醸成のできる学習塾の必要性を痛感して起業。

現在は、学力向上を第一目標としながらも、生徒達との会話の中で、大学のその先にある仕事についての意識付けを実施中。

得意なこと

・生徒をしっかり見つめて、常にその子が変われる機会を仕掛け続けます。

・IT(プログラミング、パソコンなど何でも)
・キャリアコンサル(ITほどではないですが、十分な知識があります)

・基本、関西弁です。

塾長メッセージ

ホームページをご覧いただいありがとうございます。
学習塾ファンファーレの古川です。

学習塾ファンファーレでは、社会に出て通用する人材を育成すること を理想と掲げています。

それは私が長い間、企業の採用現場に近いところで仕事をしていたからです。

どの企業も採用したい人材には共通していることが大きく2つあると思います。

・自律していること

・根気があること

この2つをあげた上でお伝えしたいのは、企業のほしい人材は決して「優秀な人(学歴の高い人)」ではないということです。

「いい大学にいけばいい企業に入れる」と言われていますが、はっきり言って、その通りです。間違いありません。

但し、1つ付け加えると、いい大学にいけば必ずいい企業に入れるというわけではありません。

今までの教育は「知識・技能」偏重で根気力は確実に育成されますが、自律できているかどうかというと微妙な人材も生まれていました。

自律とは、「自ら考え、自ら動くこと」です。

自ら考えられる人はいますが、自ら動ける人は考える人の中でも更に少ない数です。それが課題だと政府は思っているのです。

インターネットの検索技術、ロボット・AIの進化、単純な知識や労働は、これからICT技術にとってかわられていきます。

(→だから、プログラミング教育が必要という声が高まっており、現に小学校からプラグラミング教育が始まります)

文部科学省も、2020年度から大学入試制度を改革し、まさに社会が求める、「自律できて根気のある人材」を育成しようとしています。

この自律の部分を文科省は「思考力」「判断力」「表現力」という3つの力と置いています。

(→だから、2020年度の大学入試改革では、英語はスピーキング(話す力)もテスト対象になる予定です。それは上記の表現力の部分です)

では、大きな教育改革と自律できる人材を育てるという理想のもと、ファンファーレは何を皆様に提供できるのでしょうか?

私はそれを「第1志望校への合格」とおいています。

公立高校に合格するのは、ある意味当たり前です。

定員割れしそうな公立高校もあるのですから。

そうではなく、本人が自分で行きたいと思った高校で、大切な高校生活を送ってほしいのです。

どの学校に入っても、嫌なこともあると思います。

でも、第一志望に合格できれば、それも前向きに捉えられるものです。

しかし、自分の納得のいかない高校では、何か嫌なことがあると「だから、行きたくなかったんだ」という思いが強くなると思います。

一度しかない高校生活。

悔いのないものにするためにも、第一志望合格、一緒に目指しましょう。

教室のご紹介

学習塾ファンファーレ

〒272-0133
千葉県市川市
行徳駅前1-9-19
行徳イーストマンション1-c